teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:名無しのリーク  投稿日:2016年11月22日(火)00時36分4秒
  香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業  
 

ヒーローズ・リボーン

 投稿者:600万石の男  投稿日:2015年11月22日(日)12時00分16秒
  ミコが登場、日本刀を振り回してくれます。ヒロも登場?

TVドラマ、サイク(前にサイキックと誤記しました、すみません。)
主人公、コールミー、センセイ とか
相棒の年収の件で「ドルじゃなくて円だよな」 とか
キンカジューを探してるんだ、とか、オタクっぷりを披露してくれます。
 

「非常マニュアル」(映画:コンタクト)

 投稿者:S  投稿日:2015年 3月16日(月)23時07分53秒
  HP非常に興味深く拝見させていただきました。日本をテーマにしたわけでもないのに、さりげなく日本が出てくると感動を覚えます。
映画「コンタクト」で根室(日本)が出てくるのはご指摘のとおりです。その指令センターらしきところで「非常マニュアル」が機械類の上にあったのはご存知でしょうか。
 

怪盗カルメンサンディエゴ

 投稿者:赤埴正人  投稿日:2014年12月29日(月)22時11分25秒
  初めまして、一通り拝見させていただきました。変なシーンとはいえこんなにも日本が登場する作品があるんですね。

昔、NHKで放送されたアニメ「怪盗カルメンサンディエゴ」を紹介します。(リストに無かったので。見落としてたらスミマセン)

世界中のお宝を盗む女怪盗、カルメンサンディエゴを追う少年と少女。
ある回では能面を盗むと睨んだ二人が京都を訪れるんですが、見るからに中国。
罠にかかりハンググライダーで飛ばされた先は富士山!(しかも御殿場かと思うほどの近さ)
一瞬遠くに東京と思われる風景も見れます。(東京よりも京都の方が富士山に近い!)

別の回ではタイムスリップして江戸時代の日本へ。この時は通りすがりの侍に、
「私たちはオランダから来た商人です」と(おそらく)日本語で言う。(主人公の少年はバイリンガルなので日本語も喋れる設定)
その後侍が港に二人を案内して、
「あの船にあなた方の仲間がいるでしょう」
(吹き替えでしたので本当に言ったかどうかはわかりませんが、英語の字幕が出ていました)
この時の背景は記憶にないですが、おそらく中国風かと。

これ以外にも、仏教の説明のシーンで鎌倉の大仏様の写真がでてきたり(なぜかモノクロ)、川の呼び方で英語やフランス語などと混じって日本語が登場。(Japanes KAWA)

子どもの時の記憶なので曖昧ですが、この作品にはまだ埋もれたシーンがあるかもしれません。

駄文失礼しました。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2014年 8月28日(木)12時36分54秒
  映画ウォーターワールド

船上での紙の物々交換のシーンで紙に日本語で「機内サービスのご案内」と書いてある
 

新・刑事コロンボ他

 投稿者:セピア  投稿日:2014年 4月26日(土)15時12分18秒
   初投稿です。このサイトは本当に情報量が多くて素晴らしいですね。
 僕が観た海外作品に登場する「日本」を紹介したいと思います。

 1「新・刑事コロンボ」(1989~2003 アメリカ)

 第13話「影なき殺人者」
 アンドウ・ミヤギ(どっちも苗字じゃないか!)という日本人の庭師(役者はタッド・ホリノという日系人)が登場。犯人逮捕の決め手となる重要な証言をします。英語が不自由なようで、ジェスチャーを交えながらコロンボに一生懸命説明していました。

 第19話「死を呼ぶジグソー」
 コロンボが入院していた病院の受付の看護婦を演じたのが、ケイ・ヤマモトさんという方。残念ながら詳しいプロフィールはわかりませんでした。

 第24話「殺意のナイトクラブ」
 犯人のジャスティンがナイトクラブの水槽で飼っていた魚は「錦鯉」でした(言語でも「koi」と言っています)。この水槽に「あるもの」が隠されているのですが、それをコロンボは水槽内の錦鯉の数から見抜きます。

 そう言えばコロンボ警部役のピーター・フォークは「人間の証明」(1993年版)にケン・シェーファー刑事として出演しているんですよね。何でソフト化しないんだろう…。

 2「ペイネ 愛の世界旅行」(1974 イタリア)

 タイトル通り、2人の男女が世界中を旅するアニメ映画ですが、日本にも立ち寄ります。
 チャイナドレスで三味線を弾く女性、「きた奴は殺す」「魚の渡り鳥」などの意味不明な看板、TVを頭に付けた人間(何かの風刺でしょうか)と、正味3分ほどのシーンながら突っ込みどころ満載でした(笑)。

 最近は日本の描写が正確な作品も増えてうれしい限りですが、このサイトを見る限り、昔は(例えそれが製作費ウン億円の大作でも)結構いい加減だったんですね…。


 
 

GIジョー

 投稿者:600万石の男  投稿日:2013年10月20日(日)10時59分37秒
  最近、トンデモ日本が少なくなった中、やってくれました。なぜか、東京に韓国語が公用語のカンフーの寺があるようです。腹を空かせた外国人少年がさまよっているようです。
日本の「国際秘密警察」をウディアレンが再編集した What’s up Tiger Lily というお笑い?があるそうです。
 

エドガー・ライト関連

 投稿者:SWAGSWAN  投稿日:2013年 3月12日(火)17時14分14秒
  いつも楽しく見ています。
UKのエドガーライト監督が関わった作品には結構日本が登場します。

スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団

主人公が好きな女の子と付き合うために、
その子の元カレ達を倒していくというアクション・コメディーなのですが、
全編に格闘ゲームや日本のゲームに対する
オマージュやパロディが大量に出てきます。
あと、斎藤慶太、祥太がヒロインの元カレとして出てきます。

アタック・ザ・ブロック

低所得者向き団地に住む悪ガキ達がエイリアンと戦う、
という映画なのですが、
主人公が同じ団地に住む子供達に向かって
「ガキどもは家に帰ってナルトでも見てろ」
というシーンがあり、また、日本刀でエイリアンを撃退したりしています。

もう一つ、これはエドガーライトとは関係ないのですが、
近頃、ホラーファンの間で話題沸騰中のキャビンには
日本のホラー映画に対するオマージュが出てきます。
ネタバレになるのであまり多く言えないのですが、
登場人物が何度も日本に言及していました。

アニメ、ゲーム、マンガ、Jホラーといった
若い世代による新しい日本のイメージを見ることができると思います。
 

サブマリン・パニック

 投稿者:600万石の男  投稿日:2012年11月17日(土)19時47分53秒
  ふと、思い出して調べてみました。ネタバレというほどのネタもないので、あらすじを…、
1.各国の研究者をのせた、何かの研究調査が目的の潜水艦が出航します。日本の代表は女性で、早々に紹介がありますが、正体は後ほど…
2.趣味かなんかで毒蛇を持ち込んだ奴がいて(おい)逃げ出します。
3.散らかった潜水艦で(おい)、毒蛇多数が行方不明になります。
4.毒蛇があちこち通れる潜水艦で(こら)、多数の人がかまれて死にます。
5.なぜか、潜水艦が着底し、浮上できなくなります。
お待たせしました。潜水艦に乗り込む日本人女性と言えば、海女さんに決まっています。潜水具が一切ない潜水艦から海底へ出て、危機を救います。出るときの格好は、当然、持参していた海女さんの服です。
突っ込む気力がなくなること、請け合いです。
 

オールドドッグ

 投稿者:600万石の男  投稿日:2012年 9月17日(月)11時01分29秒
  久しぶり、変な日本人ニシムラさんが見られます。見えます、の方が正しいでしょうか。  

レンタル掲示板
/22