teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


レス。

 投稿者:べる  投稿日:2017年 8月16日(水)22時14分55秒
返信・引用
  >クロックさん、
 お久しぶりでございます~<(_ _)>
 いやはやもう、本当に面目次第もない時間放置しておりましたが、なんとか絵が描けるくらいまで体調が回復したので創作再開させて頂きました(;^_^A
 カメのようなスピードですが(汗。
 なんとなく思い出して覗いて頂けただけでも幸せであります<(_ _)>

 画面が大きくなったのは、月日の流れでして(;^_^A
 昔と違い、フルハイビジョンが当たり前なもので、、、そのうち4kが主流になるのでしょう。そうなると文字の大きさとか考えないといけませんが(汗。

>死神は現状様子見状態。
 そんな感じです♪京次の一発は、白いのの手を弾いての一撃なので、本来の威力には程遠いですね~。
 実際今回作って見て思ったのですが、この戦い思ったより話数を使いそうでして(汗。三回ぐらいで決着と予想していたのですが(汗。

>決してご無理はなさらずに。気長に待ってますので。
 ありがとうございます<(_ _)>現在二ページ目が完成した程度でして(汗。
 どうしてもリアルの生活に左右されてしまいますので、ご理解頂けてありがたいです<(_ _)>
 
 
 

お待ちしていました

 投稿者:クロック  投稿日:2017年 8月15日(火)20時49分26秒
返信・引用
  おおおお、久々に来てみたら本編更新しているじゃありませんか!
感無量です。ご無沙汰しています、クロックです。

前置きはこれくらいにして本編の感想をば。
今回もキレッキレですね! 画面が大きくなったことで迫力がすごい。
京次と真紀ふたりに対し、ブロックと体捌きだけで対応する死神。攻撃が当たっている様に見えて実は芯を外していると推察。
二人の攻撃は確かな手応えと希望を感じさせますが、かの死神は現状様子見状態。
得体の知れないのは登場時からですが、未だ踏み出していない一歩目はどんな絶望が待ち構えているのか? う~ん、次回が怖い(笑。

次回も楽しみですが、決してご無理はなさらずに。気長に待ってますので。
今回はこれにて失礼します。
 

レス。

 投稿者:べる  投稿日:2017年 7月31日(月)01時05分2秒
返信・引用
  >かめさん、
 こちらこそ、ありがとうございます<(_ _)>
 むしろ、サイト再開したものの、全然更新できなくてスミマセン(汗。
 創作自体は、やる気あるので、またお待たせしてしまうかもですが(汗。完結はさせたいので、思い出した時にでも覗いて下さればありがたいです<(_ _)>

 猫は、詳しい方のアドバイスをもらったりして、現在回復しました♪
 とはいえ、暑さが原因なので楽観はできない状況です。まだまだ暑い日続きそうですので(汗。
 心配して下さり、ありがとうございます。
 私も少し前はキツかったですが、猫の回復とともに、マシになってきました♪
 

ありがとうございます

 投稿者:かめ  投稿日:2017年 7月30日(日)03時35分38秒
返信・引用
  数年振りの書き込み失礼します。
新作、ずっと待っていました。
想像以上の迫力。絶望の中の希望。これからの展開が本当に楽しみです。

猫ちゃんの事、べるさんの体調、心配です。
どうぞ無理なさらず……
ご自愛下さいね。



 

レス。(通りすがりさん、ブランマクリーアさん)

 投稿者:べる  投稿日:2017年 7月14日(金)19時53分0秒
返信・引用
  >通りすがりさん、
 とんでもありません。ありがとうございます~<(_ _)>
 短い内容の更新でしたが、造れる!という確認ができたので。正直ホッとしております(;^_^A
 チマチマではありますが、このまま造って行きますので、そのうち完結してくれるはず、です!(笑。
>激アツ展開を期待しています。
 はい♪白い死神戦は、私としては「全部入り」なので、そんな場面に向かうはずです。>私の力量次第(汗。
>おかえりなさい!
 ありがとうございます!


>ブランマクリーアさん、
 おおっ、お久しぶりです~♪<(_ _)>
 いやもう、本当に、、、我ながら短いながらも(その28)を造れたか。と安堵しております(汗。
>近距離戦
 ありがとうございます~<(_ _)>
 この辺りの含めて、今後の戦闘の内容全体にも絡んできますので、、、私が表現できればですが(汗、頑張ります<(_ _)>
>お身体に気を付けて、無理をなさらず頑張って下さい!
 ありがとうございます<(_ _)>
 実際、無理したらガターッとくるの間違いないので、ジワジワ造るしかないのですが、ともあれ一回更新できたのは大きいかなと。かなりゆっくり更新になってしまいますが(汗、是非、よろしくお願いします~<(_ _)>

 

お待ちしておりました

 投稿者:ブランマクリーア  投稿日:2017年 7月14日(金)12時36分49秒
返信・引用
  お久しぶりです。
更新をお待ちしておりました!

久々に新作が読めてとてもうれしいです。

近距離戦熱さに感動してます!(^◇^)

次回も楽しみにしております。
お身体に気を付けて、無理をなさらず頑張って下さい!

失礼します。
 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2017年 7月14日(金)08時45分43秒
返信・引用
  突然の書き込み失礼致します。

ずっとずっとお待ちしていました。
決してお身体に障りのありませんよう、しかしながら気合の入った激アツ展開を期待しています。

おかえりなさい!
 

レス。

 投稿者:べる  投稿日:2017年 7月 8日(土)17時43分16秒
返信・引用
  >ショータさん、
 こんにはちは~♪
 いえいえ、ここにこぎ着けられたのは、やっぱり気にして下さった方がいてくれたのおかげです<(_ _)>
 一回閉鎖して、三年後に別の場所で再開、したものの五年以上放置ですから(汗。
 お待ち下さった方々には、感謝しかございません<(_ _)>(汗。

 その28は、見ての通り内容が短いので(苦笑。私自身が、何せ五年以上ぶりに筆を取ったので、どれぐらい描けるのか、忘れた描き方を思い出したりと、別の理由で集中して作りました。
 約二か月強でした。、、、まあ、こんなものかなと(汗。

 フルサイズ推奨にしたのは、元々は私の環境がそれで創作した方が都合が良いからでして(笑。
 流石に、2008年と今では全然違いますね(汗。 800×600では画面がぼやけて、まともに作れませんし、光回線だから一枚の重さとか気にしなくて良いですし。ブラウン管モニターでISDNとは全然(笑。
 ただ、結果的になのですが、迫力も出てくれたらなぁ、という希望もあります。特に、昔の4対3比率の画面よりも、横に広いので、三人並ぶ場面でも、下さったコメントにある、対サラ&小判ザメ戦の時のように苦労しなくて済みそうです。

>白いやつ
 現在、第四形態の白っぽい敵が「しばらく足のみで戦ってあげるよ」と言ってるのと同じ状況ですからね(笑。
 京次と雪之絵は考えながら戦ってますし、伏線などもあるので、そういったものを織りまぜて進ませて頂きます♪、、、そのせいで思ったより長くなるかもしれないのですが(汗。とはいえ最後の戦いなので、しっかり造らせて頂きます<(_ _)>

>この言葉を言う日が待ち遠しかった^
 本当にありがとうございます<(_ _)>
 (その28)は、閉鎖した時に作っていたものを、二枚以外全部描き直したのですが、その28は私にとってトラウマでもあるので、これを作り終えたのは大きいです♪
 て゜゛も、これはお待ち下さった方がいて下さったから、乗り越えられたのは間違いないので、本当にありがとうございます<(_ _)>
 

あれ・・・?

 投稿者:ショータ  投稿日:2017年 7月 8日(土)11時43分12秒
返信・引用
  トップ絵が変わって…る‥?
……と、思ったら……本編更新キターーーーー!!!!
いや~、最近、執筆活動に精を出されているのは存じていたとはいえ、思った以上に早い更新に意表を突かれちゃいました^^

あ…、ショータです。(今更)

しかし、一段と絵が大きくなりましたね。
執筆環境によるものでしょうが、最終決戦に向けての迫力アップの狙いもあるのかな…と、推察。
とうとう本格的に始まった京次と雪之絵によるラスボス戦。
もっと絶望感が漂うかと予想していただけに、意外と対抗できてるじゃないか…と思いきや。
あ、まだ一歩目(にすら行っていない)だったわ。
全然余裕綽々の死神はさすがです。

しかし、この挟み込んでの2対1の構図。
いつぞやの、サラと小判ザメ二人がかりによる京次戦を彷彿とさせます。
京次が言っていた「二対一の基本は、やはり挟み撃ちだな。」というやつですね。
あれほどの力量差はないと信じたいですが、あの時の京次同様今の死神もまだ底が見えてきません。
サラと小判ザメが単調な加速系の連打ストレートだったのに対し、満身創痍の雪之絵が繰り出す得意の重心移動による自在空中戦闘術&京次の一撃必殺(のはず)の即死拳。
だが、その「考えられた」攻撃も防がれ、当たっても死神の涼しげな表情は崩れず。
ダメージの蓄積を狙うにしても「効いてない」感がすごいです。
じわじわと迫る絶望への一歩…

次回からもまだまだ超展開が待ち受けていそうで楽しみです!
嗚呼、この言葉を言う日が待ち遠しかった^^
とはいえ、ご無理はなさらないでくださいね。

それでは、この辺りで失礼いたします。
 

更新。

 投稿者:べる  投稿日:2017年 7月 5日(水)23時09分24秒
返信・引用
  と、とりあえず今回はこのくらいでお許しを<(_ _)>(汗。  

レンタル掲示板
/10