teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ギネマ作品

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年10月11日(水)03時09分38秒
編集済
    【 人面煮 】           ギネマ

 母さんがお面を煮ている
 枯れ菊に朝の唾を塗っている母
 朝焼けのコオロギ足がもげており

 兄さん私のムカデを吸い込んで
 兄さんのムカデになった私のムカデ
 山影は月夜の兄の喉仏
 天井の染みばかりの思い出です
 窓越しのカンナよ先生訳は言えない

 妹の乳房に飛びし蠅捕蜘蛛よ
 入学式の思い出が夜の箪笥から這い出るのです
 妹の戻らぬ夜の月見草
 カレンダー燃やして燃やして食卓を囲み

 病の木をさする祖母の手また病みて
 三毛ちゃん井戸に行くなよと祖母笑う
 首吊りの梅にも鶯鳴きにけり
 梅雨寒の裏庭で待つ祖母の腰巻
 曇りける祖母の手鏡ご飯まだですか
 朝露に老婆の足の白きかな

 腰巻をマントに祖父は走り行く
 夕暮れて祖父は河原の石となり
 懐に枯れ菊を隠していざる影法師
 今帰ったと勇めば菊の首が落ち
 足も無い手も無い虫の歌である

 扇風機うなだれてただ父無言
 皿に父が乗っている
 一家の大黒柱にシロアリのパンティー
 盆栽をいじりたくない父の日向
 放火しても反省はしてるんだぞと父ちゃぶ台を反す
 味噌汁にお船浮かべて遠くに行きたい
 味噌汁のワカメに足を捕られ逝く

 トタン灼け家族会議に穴があき
 母ひとり子ひとりとて濡れる
 三面鏡割れて映りし鰯雲
 朝風呂にコオロギ溺れておりにけり


 一本と一人きりなり彼岸花


◇ ギネマ・プロフィール
第1回俳句ライブより出演。日頃はあまり真面目に俳句を勉強していない。
俳ラが近くなるとまとめて作るというお粗末ぶり。
作品に自信が無いので、妙なパフォーマンスでごまかし続けて13回目を迎えた。
三白眼と眉間の皺がチャームポイント。
 Illustration by Ginema / Photo by Jiken ↓
                             3453-128063
 
 

誠に

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年10月11日(水)02時54分9秒
  ありがとうございました。中村安伸さまは、当「俳ラ5」の時も来て頂きまして、
それとこれとで相対的な感じ方をされたことと思います。
試行錯誤の過程から抜け出せない「俳ラ」の現実を目の当たりにされて
思うことも多々あろうかと思います。
感想をお書きになったら是非見せて下さい。

「俳ラ」を見て、「こんなのだったら俺にも出来るぞ」と思って頂けたら幸いです。
俳句朗読のきっかけ作りの場でありたいと思います。
俳人は、句会や吟行、勉強会が全てではなく、
朗読という当然の表現方法も試すべきと考えます。
「俳ラ」にとっては観客の飛び入りは大事なことです。
自分の俳句を読んで聞かせたいというのは自然な欲求と思います。
「俳ラ」の舞台は、決して鑑賞に堪えうるものとは言えません。
なので観客の立場でも参加することに意義を見出したいです。
飛び入り、野次、合いの手、声援、写真撮影など、
これらの緩さを参加形態の一部と考えます。
歌舞伎に明るい中村さんに、言うのは野暮だったかも知れませんが。
高みを目差すか、ナンセンスに落とすか、
とにかく感心したり面白かったりすることが大事かと思います。
「俳ラ」では、俳句とは何かを観客の非俳人から教わる妙味があります。
中村さんの飛び入り体験に乾杯! 3452-128063
 

ありがとうございました

 投稿者:中村安伸メール  投稿日:2006年10月10日(火)08時22分7秒
  サムライでの俳句ライブは初めてだったのですが、とても楽しかったです。
観客としての感想は別のところに書かせていただきますが、
飛び入りで自作を披露させていただいたことは、なんとも刺激的な体験でした。
さらに、あつかましくも本の宣伝までさせていただきました。
どうもありがとうございました。

次回(もしあれば)はもうすこし準備して壇上に立ちたいです。
 

二健作品

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年10月10日(火)08時18分53秒
編集済
  天狗仮面俳句怒号
 【 竹サックセスストーリー 】      宮二健

① 足をぬぐう手拭いか
② 明日は体育の日だから今日は俳ラの日
③ 出歯亀と天狗出くわす月夜かな
④ 秋茄子に刺された小指が痛い
⑤ 緑色のカリフラワーがあった
⑥ 白いブロッコリーもあった
⑦ カリッコリーかブロフラワーか
⑧ 秋の団扇が灯っている
⑨ 谷間なる冷や汗ぬくし人の妻
⑩ 阿婆擦荒屋肋折
⑪ 七夕や巻紙にくるむサキソフォン
⑫ ホラッパがやきもちをやく竹サックス
⑬ 切り盛りと錐揉み違う努力かな
⑭ 目くじらとクラミジア違う怖さかな
⑮ アルバイトとアルマイト違う軽さかな
⑯ 緑色のレモンがあった
⑰ 黄色いライムもあった
⑱ 天狗山が紅葉してビンラデン
⑲ はんぺんの小舟に乗ってさようなら

◇ 宮二健 Miyazaki Jiken 略歴
群馬出身。新宿在住。85年から俳人。原子公平に親炙9年。橋本夢道に私淑。
回文俳句と俳ラ活動等に拘る。自店サムライを根城に、俳句志{もののふの会}の看板守。
口承文学と俳の見地から、俳句朗読の必要性を思い、98年3月1日「俳ラ」活動を開始。
同年11月の「俳ラ2」より天狗仮面俳句怒号と称して暴れる。
朗読演技には、変な台詞のような自由律俳句が向くと思う。定型も織り交ぜると効果的だ。
今回の「俳ラ13」迄、ギネマと共に率先して連続参加。島田牙城率いる里俳句会主催
「朗読火山俳」(於佐久市)に、02年3月の初回より連続4回出演した。いい勉強になった。
自慢にならないが、俳人らしいエピソードを一つ。
99年5月に、不本意ながら5年間勤めた現代俳句協会青年部委員を、部長の一声で馘首になる。
間延びしたが、理由は生活困窮の為、05年3月に同協会退会。
現在、「豈」同人、「里」同人。これ以上の所属意欲無し。
処女句集になるはずのセレクション俳人『宮崎二健集』が、
わが怠慢故、邑書林より刊行予定のまま停滞中。来年こそ何とか出したい。
〈俳句とは俳の句である〉が持論。然るに俳の探求と実践を標榜している。

 HP「俳句天狗」: http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/
 ブログ「俳ラ」: http://haila.seesaa.net


※とりあえずここにアップしますが、後でブログ「俳ラ」でまとめようと思います。
   Photo by Mizutama ↓
                               3450-127995
 

お陰様で終了

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年10月10日(火)06時02分33秒
編集済
  もう一昨日のことになってしまいましたが、「俳ラ13」は無事完了しました。
去年よりか35%増しの入りで、しかも若者やアーチストたちの集まりで、
願ったり叶ったりでした。
若いユースケの司会が観客と出演者と俳句概念の良い接着剤になっていました。
去年の出演者の翼氏と麿氏は観客に回っての後押しで、
OBに見られているような緊張感がありました。
七人の侍朗読者は全く別個性で、それなりの面白さがあり、
私も観客でありたかったと思います。
出番の準備のため面白そうだった飛び入りを見られなかったのが悔やまれます。
天狗は又しても大幅に時間オーバー、次のドンキ・ホーテさんも熱演の長尺、
トリのギネマがビシャッと決めてくれてなんとか体裁が保たれたようです。
でも予定時間の40分オーバーザレインボー。
アンコールに応えたと思って勘弁して下さい。
終わったら飛ぶように帰ったお客さんもいて恐縮しました。
お客様ありがとうございました。出演者と要員ご苦労様でした。 3449-127990
 

本日!「俳ラ13」

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年10月 8日(日)06時30分6秒
編集済
  ☆「俳ラ13」の出し物の題が出揃いました。
何が出るか、起るか分かりません。
あなどるなかれ、期待に添うよう、気張らせて頂きます。
本日6時に出演者一同お待ちしております。

◎谷雄介「21世紀挽歌」

◎米本だいご「初体験」

◎上田信治「余計なものがついてゐる」

◎情野千里の川柳舞踏『LEON ROZO☆赤いライオン』
        ・・・くるくると帯くるくるとラテンの血

◎宮二健 天狗仮面俳句怒号「竹サックセスストーリー」19句

◎鉄平「ドンキ・ホーテ 日本上陸」

◎ギネマ「人面煮」
               3448-127907

http://haila.seesaa.net/

 

「俳ラ13」迫る

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年10月 2日(月)19時45分38秒
  ――――俳句志{もののふの会}第95回俳句活動―――――
◆◆◆◆◆◆◆ ≪独演!俳句ライブ13≫ ◆◆◆◆◆◆◆
__________________________
 ~Haiku Reading Solo Performance"HAILA-13th"
       by Mononofunokai~
「俳句朗読の実践窟*先ず口承あり*俳の表現かくありき」
        【俳ラ三大原則】
   <自句朗読=自作の俳句~川柳・形式不問>
   <肉声=マイク使用せず><独演=共演せず>
――――――――――――――――――――――――――
◇日時:2006年10月8日(日)
    開場,夜6:00. 開演,6:30~閉演,8:30

◇会場:JazzBar サムライ
    新宿3-35-5守ビル5F ↓ ℡03-3341-0383
  http://g.pia.co.jp/front/contents/pdetvie/SH21669

◇木戸:1500円(1Drink)
◇演者:ユースケ(司会兼任若頭)、だいご(新参)、信治(中堅)、
    千里(川柳と舞踏)―[飛入募集]―二健(天狗仮面)、
    鉄平(長老)、ギネマ(サトビの女王)

◇窓口:SAMURAI (二健) jike@n.email.ne.jp
◇Web :ブログ「俳ラ」(06.10.2出来立て)
  http://haila.seesaa.net/
    HP「俳句天狗」
  http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/
    「俳ラ」活動歴
  http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/hl-katudoreki.htm
    05年の「俳ラ12・朗読作品」
http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/hl12all.haiku.tex..htm
    告知BBS{俳の細道}
  http://8217.teacup.com/samurai/bbs

◇協賛:「川柳舎・みみひめきっちん」「里俳句会」
    「Tetsu Video Project」「SAMURAI」、他募集中
◇要員:SAMURAI SISTERS(Gi,Chi,Mi,Hi) & Tetsuka
◇主催:俳句志{もののふの会}~Jiken@Agitator

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

――――――――――――裏話――――――――――――
※今回の特別潜入者だいごは、山梨の某ラジオ局の肝煎で、
「FM FUJI RADICAL LEAGUE」(木曜)の「オクイシュージのオレがカバ
やねんロックンロールショウ」の「チャレンジ魂」というバラエティ
番組の一つのコーナーのネタにするのだそうだ。何でも
いいから、俳句朗読をしっかりやりたまえと煽動した。
――――――――――――――――――――――――――
          3447-127738
                                    ♬

http://haila.seesaa.net/

 

そうそう

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 9月26日(火)13時34分5秒
編集済
  大事件でした、うちにとっては。アレだけの人数の血気盛んな集団が、開店早々に押しかけて来て、
ビールと焼酎を底なし沼のように飲み込んでしまわれ、飲み屋冥利の当夜でした。
二次会では飽き足らず、引き続き三次会までやってのけ、話の尽きないナンニョロウニャク様方でした。
あの活きの良いノリの原動力は何なのかと、さすがの天狗神通力を駆使しても分からん灰でした。
魚は泳ぐ、鳥は飛ぶ、天狗は山に帰るが宜しいあるよ!と天の声が聞こえました。
何もかも牙城親分様のお陰さまにて頭が上がりません。
上田幹事長様をはじめ、どうも皆々様ありがとうございました。   3446-127558
 

里連が

 投稿者:牙城メール  投稿日:2006年 9月26日(火)11時21分23秒
  23日、
押しかけたとか……
うらやましいなぁぁぁぁ
 

「俳ラ13」宜しくお願いします

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 9月 8日(金)12時55分41秒
編集済
  ※ここの「俳ラ13」告知は上にレッカー移動しました。(10.2夜) 3444-127132  

HP更新のご案内

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 8月30日(水)23時15分32秒
  遅ればせながら去年の秋に行った「俳ラ12」関連の
「俳ラ12・朗読作品」という新頁を作りました。
出演者全員の朗読作品と写真やプロフィールを記しました。
 「俳ラ12・朗読作品」URL↓
                     3443-126884

http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/hl12all.haiku.tex..htm

 

「俳ラ」ビデオ上映会のご案内

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 8月11日(金)13時15分43秒
編集済
  10.8の「俳ラ13」開催に当たって、その俳句朗読会の歴史をビデオ映像で振り返ろうと思います。
つきましては、過去の「俳ラ」ビデオ上映会を何回かのシリーズで行います。

■□■□■≪俳ラビ≫■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◇名 称:「俳ラ」ビデオ上映会(通称「俳ラビ」)
◇場 所:サムライ/Day Time 喫茶営業(珈琲500円etc.) ↓グルメぴあ店紹介URL
            http://g.pia.co.jp/front/contents/pdetvie/SH21669
◇上映日:2006年初秋シリーズにて/原則日曜日15時~18時(15時開場、15時半上映)
   ↓
 ①8.20(日)、幻の「俳ラ1」(1998.3)と兜太らが弊店で鼎談した場面のあるETV録画上映。
 ②8.27(日)、変貌の「俳ラ2」(1998.11)と、何か取って置きを上映。
 ③9.03(日)、
 ♪9.10(日)、「めぐのりDUO」http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/sl9-megunori.htm
 ④9.17(日)、(当夜7時~は恒例SAMURAIきもの祭り BBS「サムライブルース」に告知)
 ⑤9.18(月)、敬老の日
 ⑥~9.26迄の予定
 ◎10.8(日)、「独演!俳句ライブ13」午後6時以降七人の侍出演(内二人は女侍)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・俳句朗読会では12回の歴史ある貴重な映像ですから是非この機会をお見逃しなく。
・俳句朗読の反面教師も兼ねて何らかの役に立つでしょう。
・殆ど素人撮影なので期待しないで下さい。唯一の幻のドキュメンタリーです。
・1998.3.1の第1回「俳ラ」から上映する予定ですが、臨機応変に行います。
・観客がおられなければジャズ喫茶となります。
・予定の変更や中止の場合もありますから当板をチェックして下さい。

cf.“天上天下唯一無二≪独演!俳句ライブ≫活動歴 1998~2006”
   http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/hl-katudoreki.htm
                          (06.8.11更新済)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■29in.TV□■□■□■
                                3442-126308

http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/hl12all.haiku.tex..htm

 

HP更新のご案内

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 8月 3日(木)13時22分29秒
編集済
  「SAMURAI LIVE 企画書」の修正をしました。基本的には変わってません。
出演主の負担がない小会場として役立てたら幸いです。
昼間の勉強会系貸切は「SAMURAI CULTURE」としてご利用案内を末尾に付け加えました。
下段の写真はボロ屋のようでみすぼらしいですから、総入れ替えするつもりです。
(やっと替えました 06.8.7)
お引き立てをお待ちしております。

PS.下記記事の「俳ラ13」については、近日出演者を確定します。
個人の熱意ある名乗り出を最優先としています。 3441-126073

※出演者が決まりました。七人の侍と相成りました。女侍もいます。
詳しくは後日告知いたします。(追記06.8.5)

http://www.ne.jp/asahi/hai/ten/samurailive-kikaku.html

 

「俳ラ13」開催予定

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 7月23日(日)15時56分16秒
編集済
  いよいよ13回目の「独演!俳句ライブ」(通称「俳ラ」)に向けての準備に入りたいと思います。
★日程は、2006年10月8日(日)の午後6時過ぎから於SAMURAIの予定です。
どうぞ、その日はご予定を空けておいて下さい。
関係各位には後日、一斉メールを送って相談します。
出演希望の方は、お申し出て下さい。(既に5名の名乗り出があります)
コンセプトや取り決め事は、原則例年通りです。

 *写真は前回05.10.9の「俳ラ12」の終演と酒宴跡「秋草や兵どもが夢の跡」
                            3440-125680
 

夏休み俳句創作

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 7月21日(金)17時56分31秒
編集済
  初鳴きの蝉の声なり昼ごはん     二健
丈ばかりひょろひょろ伸びて夏休み
夏休みテレビとられて昼ごはん
味噌全部使いきるため茄子炒め
義理堅く開けたら閉める冷蔵庫
大蒜の芽が出て痩せた冷蔵庫
冷蔵庫誰も相手にしないもの
冷蔵庫妻専用の酒並ぶ
冷凍庫解凍されぬ魚棲む
納豆の辛子ばかりがたまりけり
ガスコンロ今日からみんな夏休み
安いから曲がった胡瓜ばかり買う
葱牛蒡丸まっていれば飛び出さず
未練梅雨今日も迷彩色のズボン
ずぼらにはカーゴパンツで生き御霊
お中元もらったままで年重ね
いなくてもいても変わらぬ夏休み  3439-125601
 

久しぶりにシンポへ

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 7月18日(火)20時32分52秒
編集済
  前もってメールと葉書で案内を戴いていたので
「第一回 詩・歌・句フォーラム」(北溟社主催)へ行ってきました。
北溟社とは「俳人年鑑2005」へ住所録と3句を載せて頂いた位しか、
お付き合いはないのですが、磐井さんには豈などで並々ならぬ
お世話になっておりまして、また著書『詩の起源』等の読書よりか、
著者自身のお話を耳で聞く方が性に合っているものでして、
地の利共々絶好の機会でした。
柄にもなく歌人の永田紅さんに擦り寄って、短歌でもしゃれ込もうと、
赴くままに認めてみました。せっかくですから、ここに書き付けます。
思い付きですから、あまり真面目に読まないで下さい。
私にしてみれば拙いながらも歌の一人吟行でありました。
※後日、数首書き加えました。

 【 Tanka Impressions of Japanese Poems Symposium 】

    火の玉見よや

  詩の起源語る著者たち和やかに焚き火囲むか冷房の部屋
  当時安田講堂の中に居し貴兄と外に居し我と言い給えり
  定型と自由律なる詩作法をダブルスタンダードと認めた風情
  せめてマルチスタンダードと合意せぬものかと居眠りしつつ思う
  我こそはスタンダードという概念を疑い壊す作者たるべし
  壇上の穏やかなりし弁舌の語られぬこと想えば深き
  研究の成果著したる著者の照れと自信とやわらぎを以て
  著者と著者重なる詩論の解釈のずれと綻び寛容の花

  多くを書き多くを喋る若詩人現代詩たる律動の侭
  縦軸と横軸示し詩を語り俳を語らぬ俳人の雄
  季題季語定型切れ字それだけで俳句の心を語るなかれ
  口早の詩人青年投げかける火の玉見よやああ松島や
  律も意も解き放つこと試みる現代の詩人を追えや四角い俳人
  人として丸い意味合いすれ違いどちらの丸が角を悔やむか
  悔しきは我も俳人観客の分際でいて詩人うらやむ
  壇上で詩論を語る唇の下で組まれた脚の白さよ
  リレーレースのバトンのごときマイクなり置かれたマイク取られたマイク
  マイクという文明の利器黒々と耳を襲えり我らの耳を
  整然とした部屋にいて整然と語る整然とした文人等

  見た顔が真面目にレジュメ配りおり昼間の彼は昼間の彼か
  押しかけて来た文芸の友その他神妙に聴きトイレに駆ける
  後ろから両肩叩く人おりてはっと振り向けば黒眼鏡だった人
  雨なのでサドルを拭うタオルにて頬かむりして自転車を漕ぐ
  会退けて小雨の街に愛車漕ぐ山あり谷あり大久保通り
  腹減って途中下車して家に寄り普通のカレーで腹ごしらえを
  来る当てのなき客待ちにお勤めの店に戻れり安住の地に
  まさかと思う仕掛け人らが押しかけてあたふた手足稼動させおり
  お陰様で生かされている犬ころのような自分に菩薩と阿修羅

--------------------------------------------------------------------
「第一回 詩・歌・句フォーラム」
◇日時 2006年7月17日(月) 午後1時~5時15分
◇場所 神楽坂エミール

   〈第一部〉 トークショー 午後1時~3時
    藤井貞和・筑紫磐井 「詩歌の発生を語る」

   〈第二部〉 若手詩人、歌人、俳人によるミニシンポジウム
    午後3時15分~5時15分
    テーマ「詩歌の未来を語る」
    小笠原鳥類(詩人)・五島高資(俳人)・永田紅(歌人)
--------------------------------------------------------------------
                            3438-125474
 

結局句会は

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 7月17日(月)19時38分38秒
  いつものご常連の一姫三太郎。数ヶ月前から出席者が5名に満たないのなら、
休会にしようかという、申し合せた案があったので、この時ばかりと再考して、
やはり休会という選択肢を出席者の満場一致で選びました。そして里代表者と
現在の句会の常連にその旨を報告しました。

最高点句の「白むくげ拉致も不埒もなかりけり  淡々」が、心に沁みます。

今作ったのですが、せっかくですのでお披露目します。
「句会でもラストサムライ夏の霧  二健」         3437-125402
 

ありゃー(・・;)

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 7月16日(日)15時34分54秒
  改名された苑をさまもご欠席。
何となくみたいな惰性でやっちゃいけませんね。大事な時間を割くのですから。
長くやってますと必ず訪れる何となく状態。原点に立ち返ってみたいと思います。
皆様何でもいいですから、ご意見をお聞かせ下さい。
愚考は「川の流れのように」です。  3436-125353
 

欠席です。

 投稿者:苑をメール  投稿日:2006年 7月16日(日)15時21分26秒
  昨日から苑をになった元・園をです。
本日、お盆来客のため間に合いそうにありません。
今後のことですが、なんとなく集まってでは続かない、ような気がする。
いまんとこ無理しない日なんてない。無理してでも行きたい句会じゃなきゃ。
 

只今

 投稿者:二健メール  投稿日:2006年 7月16日(日)08時26分39秒
  名句(迷句)5句作り上げました。一件落着と思いきや、重鎮百花さんの病欠(事故欠か)。
お互いに歳だから気をつけましょう。
わたしゃ先々週、不摂生が祟って腰痛が来ちゃってロボットになりました。
今は元に戻りました。
銀行界否吟行会の写真勝手にHPのアルバムにしちゃいましたけど、あんなものです。
百花さんは脇で小さくなっているようなの数枚ですいません。
お陰様でいい思い出となりました。お役目ご苦労様でした。  3434-125336
 

レンタル掲示板
/41